D-94-1

ポーセリンとオルモルのフレーム

 

 


年代:フランス製19世紀後期
材質:ブロンズ・ポーセリン・ガラス・シルク
SIZE:W 17cm×H 13cm×D 1cm(スタンド部分は含まず)

230,000

華やかなピンクのリボンとガーランド模様、
ハンドペイントのポーセリンとオルモルのフレーム

トップにフェミニンなリボンと薔薇のデコレーション、華やかなピンクのリボンとガーランド模様を手描きしたポーセリンがはめ込まれた豪華なオルモル製のスタンド式フレームです。フレームの縁にはリボンをクロスした模様がそこここに見られるルイ・セーズ(ルイ16世紀様式)。裏側には壁掛け用のリングが付けられていて、壁に掛けてお使いいただくことも出来ます。中央の窓2ヶ所には球面の手吹きガラスがはめ込まれていて、表面を覆うゴールドメッキの状態が非常に良い点もおすすめです。

こうしたリボンをクロスした模様は、マリー・アントワネットが愛した「ルイ・セーズ」と呼ばれるルイ16世紀様式。18世紀後期に流行したルイ16世様式が19世紀後期にリバイバルした際に作られた物で、ゴージャスで優美な趣きがあります。

このようなブロンズに上質なゴールドメッキを施した技法は“ormolu(オルモル)”と呼ばれ、19世紀には一世を風靡しました。フランスらしい豪華さが魅力、フレンチアンティークらしいアイテムのひとつです。

元々はフォトフレームとして作られたものですが、中には同時代のシルクサテン地をセットしました。(フレームの中身は裏蓋を留めている四隅のネジを外していただけば簡単にお取り替えいただけます。)オルモルはもちろのこと、ポーセリン部分が良好な状態で出てくることは稀有、大変良好な状態です。

商品についてのご質問等は、お気軽にメール・電話・FAXにてお問い合わせください。ホームページに掲載以外の画像もご希望に応じて送らさせて頂きます。

BACK

HOME